menopause

症状の特徴

40代後半からは注意しよう

更年期と呼ばれる40代の後半から50代前半にかけては女性ホルモンが急激に減少しますから、精神面でとても不安定になってしまいます。代表的な例ですとイライラが止まらなくなったりうつ状態になったり感情の波が激しくなってしまうという特徴があります。それ以外にも身体的な影響もあります。疲れやすくなってしまったり眠れなくなったり、ほてり、発汗、めまい、頭痛、更年期障害には様々な辛い症状が付きまとってくるでしょう。自律神経の乱れから起こるものでもありますから、クリニックなどで治療をすれば症状を軽くすることは可能です。更年期時に起こるイライラや精神疾患に関しては薬などを投与して治療することも必要になるでしょう。

症状には個人差が生じる

更年期障害には個人差があります。精神的にイライラしたり悲しくなったり気性が激しくなる方もいれば、そういった症状がほとんど出ない場合もあります。 更年期障害によって閉経するのですが、それにあたって女性のこころと身体は大効く変化してしまうのです。 イライラの感情などを抑えることが出来なくて日常生活にも支障が生じる場合には安定剤などを飲むことも必要になります。更年期障害の治療も近年では進歩していますから、簡単な薬の投与でだいぶ症状を緩和させることができます。ですから、苦しくて対処法が分からず一人で悩むのならば早めに医師の診断を受けて治療することも大切になるかもしれません。症状が現れる期間にも個人差があります。